« 秋川・東秋川橋下流に集団ねぐら発見(7月16日) | トップページ | 日野用水堰の集団ねぐら状況(7月17日) »

2004.07.18

秋川・東秋川橋下流の集団ねぐら状況(7月17日)

私の担当区間(多摩川秋川合流点~拝島橋)調査終了後に、東秋川橋へ移動し、ライトスコープで写真撮影を試みました。

【観察時刻】2004/7/17 19:40~21:00
【天候】曇り
【観察場所】高月浄水場裏手の堤防上
【調査者】渡辺仁(連絡会事務局)、神山和夫(WING)

調査結果は以下のとおり
【ねぐら入りの場所】  観察場所の対岸100mぐらいの区間
【ねぐら入り個体数推定】  10,000羽 ±3,000羽(日没時の昭和用水堰上からの観察による)
  なお実個体は1000~2000羽程度がライトスコープで観察できる。

【観察時の状況】
ヨシはなく、オギがありましたが、オギ原というよりは、土手の斜面で植物がわりとまばらなところで倒れた枯れた茎(植物種名は不明)を主に利用してねぐらをとっているようです。
一部ヤナギにねぐらをとっている個体もいました。
約100mの区間におよそ1000~2000個体が集団ねぐらをとっているようでした。
写真をみていただければわかりますが、ここも決して良い環境ではありません。まだ良い環境を探して集団ねぐらの移動は続きそうな気がします。

DSCN2380s.jpg
植物の枯れた茎に止まって眠るツバメたち

情報提供・撮影:渡辺仁

« 秋川・東秋川橋下流に集団ねぐら発見(7月16日) | トップページ | 日野用水堰の集団ねぐら状況(7月17日) »

ツバメの集団ねぐら情報(その他の多摩川)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ