« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

上河原堰上流(8/30)500羽

【場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市地先)
【日時】2008年8月30日(土)17:00~19:00
【天候】雨
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約500羽
【観察ポイント】左岸調布市側の堰上流
【観察内容】
18:05~25 ツバメが眼前の水面上を10~20羽程度の群れが断続的に下流方向へ通過し始める。
18:30 下流へ飛び去っていなくなっと思われるツバメの群れが突然下流側から現れ水面上を飛び回ったあと、中州ではなく、左岸側の川岸のオオブタクサ群落に止まる。
18:35 オオブタクサ群落のツバメが一斉に飛び立ち、水面上を飛び交ったあと、左岸側中州のヤナギ高木下流側の残ったヨシ原に入る。オオブタクサ群落にも20羽ほどが残っている。両方あわせて500羽程度。

豪雨による出水の影響で、右岸側の中州はヤナギ以外の草本はほぼ流されています。ヤナギも1本は傾いていました。
調布市側の中州もヤナギ高木の下流側も少し削られたようです。しかしこちらの中州の草本は、一部が倒れているものの結構残っています。ヨシも若干倒れましたが、残っています。しかしヤナギ高木下の上流側はアレチウリが繁茂しています。

左岸側の川岸では、オオブタクサとアレチウリが大繁茂していて、ちょっと手が付けにくい状況です。アレチウリは花芽が付き始めました。

オオブタクサは背が高くなって(3m以上)、花も咲き出し、ツバメが利用できる条件が整ってきました。その証拠に少しねぐら入りに使われました。外来植物なので望ましい状況とは言い難いですが。

情報提供 渡辺仁

オオブタクサにねぐら入りしたツバメ。
Sp1300176

右岸側からの写真。右岸側中州は草本はほとんど流されている。
Sp1300160

左岸側からの写真。左岸側中州は大きな変化はなかった。
Sp1300170

府中四谷橋下流(8/25)5千羽

ねぐら入りの数が急に減ってきました。それでも約5,000羽がねぐら入りしまし
た。今日は雨が降っていましたがNHKの取材があるため、傘をさして観察しまし
た。 今年は3番子の話がよく聞かれ、遅くまで子育てがおこなわれていたので、9
月に入ってもねぐら入りが見られるかもしれません。

◇観察日:2008年8月25日(月)  17:30~19:15
◇天候:雨のち曇  風:弱 
◇観察者:伊藤、大室、岡村、堅山、田中(香)、田中(正)、古山  7名 
渡辺仁氏ほか5名
◇ねぐら入り数 約5,000羽
◇ねぐら入り時間 18:40
◇メモ 
・18:00~ 30羽、続いて50羽の群れが飛んでくる
・18:10~ いくつかの群れが左右からヨシ原に飛んでくる
・18:27~ 上空高く1,000羽ほどが舞う
・18:30~ ヨシ原に止まり始める
・18:40  ねぐら入り。ライトスコープで観察
・19:15  観察を中止する
以上

情報提供 府中野鳥クラブ 古山

2008.08.25

中央道談合坂上りSA(8/24)3,000羽

【場所】中央道談合坂上りSA(山梨県上野原市)
【日時】2008年8月24日(日)17:50~19:00
【天候】雨
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約3,000羽
【観察ポイント】大型車駐車場
【観察内容】
17:50 雨が降り霧も濃くツバメの飛翔は1羽も見えない。
18:13 はじめてツバメ数羽を視認する。
18:20 ツバメ約200羽が飛来する。ハクセキレイもねぐら入りする個体が集まり出す。
18:25 ツバメは約1,000羽となり上空を飛翔する。あまり高く乱舞することはせず、低く行ったり来たり飛翔する。
18:30 約2,000羽に増える。
18:35 約3,000羽となり、ケヤキの枝先に止まり始める。
18:42 ねぐら入りほぼ終了。ねぐら入りした部分はトイレ棟横のケヤキだけでなく、大型車駐車場に点在するケヤキの多くとサクラ(葉のほとんどなくケヤキに挟まれた1本だけ)もほとんど使っていました。

飛翔個体20個体の観察では全て尾の短い幼鳥で、成鳥は見あたりませんでした。シーズンもいよいよ終わりに近づきました。

なお、電線を含め、イワツバメは見あたりませんでした。

P1300020

P1300034

P1300048

情報提供 事務局 渡辺仁

新二子橋上流(8/20)500羽

ピーク時7月30日の3,500羽より更に一段とねぐら入り個体数が減りました。

◇調査日    : 2008年8月20日(水) 17:45~19:00
◇天候      : 晴れ (日没18:25)
◇調査者    : 加藤・澤村・高木・富川・二宮・根本・松田・宮森 (8名)
◇ねぐら入り数  : 500羽
◇ねぐら入り時間: 18:46
◇メモ
 ・18:00  8羽、ヨシ原上空高く飛翔
 ・18:10  11羽、世田谷の街並み上空を飛び交う
 ・18:20  7羽、ヨシ原上を飛ぶ
 ・18:40  20羽、ヨシ原にとまり始める
 ・18:44  400羽、いつの間にか多摩川方面から飛来、ヨシ原に止まり始める
 ・18:45  500羽、ヨシ原に止まる
 ・18:46  ねぐら入り完了
 ・19:00  調査終了

情報提供:世田谷トラストまちづくり 野鳥ボランティア 澤村

2008.08.21

上河原堰上流(8/16)500羽

【場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市地先)
【日時】2008年8月16日(土)17:30~19:00
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁・直美
【ねぐら入りした個体数】 約500羽
【観察ポイント】左岸調布市側の堰魚道上流端部付近
【観察内容】
18:20 これより前はツバメは5羽程度しかいない。
18:30 上流から河川上を飛来するツバメが増えるが、ほとんど下流へ飛び去る。
18:35 数十羽クラスの群れが通過し、しばらく中州付近の上空を飛翔するもの
もあるが、下流に飛び去る。短期的には上河原堰下流側の上空で群飛するが、す
ぐに見えなくなる。
18:40 下流及び上流からツバメの群れが飛来し、ねぐら入りする。
18:45 ねぐら入りほぼ終了。10ルクス。ねぐら入りした部分は
左岸調布市側の中州のヤナギ高木の下のヨシ原。最大時と比較して
上流側半分にはねぐら入りせず、ヤナギ高木より下流側のヨシ原のみ使う。
ねぐら入りした個体をライトスコープでカウントすると500羽程度いる。

情報提供 渡辺仁

Sp1290832

▼ツバメの集団ねぐらが忽然と消失した右岸(川崎市)側の中州に上陸した。これは入り江の内側の写真。少しヨシ原がある。
Simgp3578

▼ヤナギ、オギ等が多く、ヨシはほとんどない。
Simgp3579

▼岸から見ているとわからないが中州の内側は半裸地も多い。
Simgp3581

▼左岸(調布市)側。アレチウリが成長している。これはたった1本のアレチウリ。数メートルに成長している。
P1290815


府中四谷橋下流(8/18)15,000羽

四谷橋下流の集団ねぐらは最盛期よりかなり減りました。
それでも1万羽を越えるツバメがヨシ原の上を空高く、鷹柱ならずツバメ柱らがで
き、渦を巻くようにうごめく光景は見事なものでした。
四谷橋下流のヨシ原は近隣の人たちにも知れ渡り、市民の方々も見学に来ていまし
た。アレチウリは現在、ツバメがねぐらに使っているヨシ原ではほとんど見当たりま
せんでした。
ねぐら入りは15,000羽としました。

◇観察日:2008年8月18日(月)  18:00~19:20
◇天候:曇  風:弱 
◇観察者:伊藤、大澤、大室(清)、大室(正)、岡村、堅山、田中(香)、
田中(正)、古山、8名 
渡辺仁氏ほか5名
◇ねぐら入り数 約15,000羽  ◇ねぐら入り時間 18:45      
◇メモ 
・18:20~ 18羽の群れが上空に現われる
・18:30~ 上空を約3,000羽以上のツバメが飛び交う
・18:35~ 向かって左側の上空に真っ黒く、ツバメの群れが飛ぶ
・18:36~ ヨシ原の上を右に、左に飛ぶようになる
・18:40~ ヨシ原に止まり始める、上空に鷹柱のようなツバメ柱ができる
・19;45  ねぐら入り。ライトスコープで観察
・19:20  観察を中止する
以上

情報提供 府中野鳥クラブ 古山

新二子橋上流(8/6)2,000羽

前回の7月30日の3,500羽よりも、個体数が減り、早や
ねぐら入りピークを過ぎたと推測されます。

◇調査日  :  2008年8月6日(水) 18:00~19:10 
◇天候    :  晴れ、積乱雲あり、日没 18:41
◇調査者  :  加藤・澤村・平・高木・富川・二宮・松田・宮森(8名)
◇ねぐら入り数:  2,000羽
◇ねぐら入り時間: 19:03
◇メモ
 ・18:02  3羽、上流側から下流側へ飛び去る
 ・18:15  12羽、ヨシ原上を上流から下流方面へ通過
 ・18:35  11羽、世田谷の街から下流方面へ飛ぶ
 ・18:40  100羽、ヨシ原内を猛スピードで旋回飛翔
 ・18:45  1,000羽、多摩川上空を含め、ヨシ原上空を旋回
 ・18:50  2,000羽、世田谷の街及びヨシ原上空を猛スピードで乱舞
 ・18:53  ヨシにとまり始める
 ・18:55  ヨシ原の上流側の奥側にもとまる
 ・19:03  2,000羽ねぐら入り完了
 ・19:10  調査終える

情報提供:世田谷トラストまちづくり 野鳥ボランティア 澤村

2008.08.13

上河原堰上流観察会(8/9)1,000羽

▼観察場所:上河原堰上流右岸
▼観察時間:集合時間17時 観察17時30分~19時15分
▼参加人数:16名
八王子・日野カワセミ会、府中野鳥クラブ、世田谷トラストまちづくり野鳥ボランティア、多摩川の自然を守る会、その他
▼天候:曇り
▼ねぐら入り数:約1,000羽
▼ねぐら入場所
全て左岸(調布市側中州の下流端ヤナギ高木付近)
▼状況
18時30分以降、上流から河川水面上を下流に向かうツバメが徐々に増えてくる。
ほとんどが左岸側の中州付近を飛ぶので遠いため詳しい状況は不明。また、上
空乱舞もほとんど見られない。

ライトスコープで左岸側中州の観察を試みる。
左岸の下流端のヤナギ距離は図上計測で370m。
左岸側の中州のヨシに止まるツバメの目が視野内に20個体程度は確認できる。
観察者によっては認識できないという人もいる。認識できる人と半々ぐらいか。
ライトスコープでツバメの目を確認するほぼ限界距離と思われる。

8月3日の観察時とほぼ同じ位置に入っており、上流からもそれなりのツバメが
飛来したため、ねぐら入り数は、誤差が大きいと思われるが1,000羽とした。
左岸側から観察できればもっと多かった可能性がある。
http://tamatsubame.txt-nifty.com/news/cat8165315/index.html

右岸側の中州をライトスコープで見る限り、全くツバメを確認できない。
3万羽の名残は全くない。

右岸側の中州は、右岸から見る限りではアレチウリは見えない。しかし、ヨシの
パッチが右岸側からは3つ見えるはずだが、一つのヨシのパッチが見えない。ア
レチウリを左岸側から確認したのもそのあたりなので、アレチウリにヨシが引き
倒されている可能性がある。

報告:事務局 渡辺仁

Sp1290517

Sp1290523

府中四谷橋下流(8/11)2万8千羽

第10回多摩川四谷橋下流河川敷のツバメの集団ねぐら観察会
府中野鳥クラブ

四谷橋下流の集団ねぐらは今年の最盛期を越えたように思われます。
ねぐら入りしたツバメは前回より少なくなりました。
ねぐら入りは28,000羽としました。新聞に掲載された影響か当クラブ
以外の人たちも多く参加しました。初めての人も多くライトスコープに
輝くツバメの眼に感銘していました。

◇観察日:2008年8月11日(月)  18:00~19:30
◇天候:晴  風:弱 
◇観察者:伊藤、大澤、大室、岡村、影山、栗俣、鮫島、田中(香)、田中(正)、
古山、村瀬、吉川 12名 他12名
◇ねぐら入り数 約28,000羽  ◇ねぐら入り時間 19:00      
◇メモ 
・18:20~ 群れで上空からヨシ原へ飛んでくるようになる
・18:25~ 小さな鷹柱のように渦を巻くような群れができる
・18:40~ 上空に約10,000羽ほどが舞う
・18:42~ ヨシ原の正面から左側に多く集まり始める
・18:50~ ヨシ原に止まり始めるが、動き回るツバメも多い
・19;00  ねぐら入り。ライトスコープで観察
・19:30  観察を中止する
以上

情報提供:府中野鳥クラブ 古山

府中四谷橋下流(8/10)2万5千羽

【場所】府中四谷橋下流
【日時】2008年8月10日(日)18:00~20:00
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約25,000羽
【観察ポイント】左岸側高水敷等
【観察内容】
18:00 観察開始。ツバメは数羽程度。5000ルクス
18:20 変化なし。1700ルクス
18:25 変化なし。1250ルクス
18:30 50羽ぐらいが飛翔。630ルクス
18:35 100羽が飛翔。450ルクス
18:40 500羽が飛翔。240ルクス。
18:45 急激に増える。1万羽が飛翔。100ルクス。
18:50 さらに増える。2万羽が飛翔。上空を雲霞のように乱舞する。43ルクス。
18:55 2万5千羽が飛翔。ヨシに止まり始める。16ルクス。
18:59 ねぐら入りほぼ終了。7ルクス。
19:10 声がおさまる。
19:20 およそ9割のツバメが目を閉じて眠っている。1割の目が光っている。

ライトスコープで確認すると、ヨシは一部で穂が出始めており、穂に止まっているものもいる。
花火大会(中止)の5日と比べるとヨシのツバメの密度がやや下がったようだ。
当初は3万羽と見積もったが、翌日11日の観察結果が2万8千羽で、比較すると11日よりやや少なかったので
2万5千とした。

アレチウリが護岸近くの端部とゴルフ場周辺等に出てきていて、3mぐらい成長したものもある。開花はしていない。
20本ほど除去した。

事務局 渡辺仁

Sp1290604

Sp1290653

Sp1290572

中央道談合坂上りSA(8/7)1万5千羽

6時半頃までトイレ西側で高所作業車により欅の剪定をやっていました。
(写真、シルエットは剪定後の欅)
ツバメの塒は本格的でトイレ周辺の殆どの欅に入り、その数およそ15,000羽位と思われた。

観察日時:2008,8,7 18:00~19:15
観察場所:談合坂上りSA
天 候 :晴れ
観察者 :川上 恚 
状 況 :
18時ごろには、数羽のツバメが飛翔、トイレ西側でチエンソーで欅の剪定作業が行われていた。
18:40頃から小集団が周辺上空を旋回はじめた。
18:50頃には降って湧いたように上空にツバメが一杯になり、欅すれすれの低層飛翔、やや上空の中層飛翔、かなり上空の高層飛翔が重なり,雲蚊の襲来を思わせる乱舞となった。
19:00ごろには、急激に少なくなり19:05には殆ど飛翔は無くなり塒入りした。
 (ツバメは暗くて見にくいですが写真添付します)

談合坂は河川敷と違って見渡しが悪く数取りは困難で、上空飛翔の密度から
15,000と推定しました。(写真参照)

情報提供 八王子・日野カワセミ会 川上

Sa

P

P_2

P7

Photo

2008.08.08

ツバメ おかえり(朝日新聞多摩版掲載)

府中四谷橋下流の集団ねぐらについて、アレチウリ対策と集団ねぐらの復活についての記事が、朝日新聞マイタウン多摩のホームページに掲載されました。

ツバメおかえり 多摩川の「集団ねぐら」

良くまとまっていると思います。

せいせき花火大会の中止

8月5日(火)
府中四谷橋下流の集団ねぐらを見に行ってきました。

河川の増水のため、ツバメにとっては幸いにも、花火大会は中止となりました。
楽しみにしていた方、準備をされていた人は大変だったと思いますが。延期もないそうです。

実際には、雲は厚く暗かったものの、雨もほとんど降らず、増水もさほどではなかったです。
現場についたのはもう19時直前で、ねぐら入りはクライマックスでした。

ねぐら入り終了は19時15分。相当暗くなっていました。
今まで、当地では見たことがないほど、ツバメはおびただしいほどに、ヨシ原全体に広がっていました。
懐中電灯と双眼鏡で見ると、光の粒が無数に広く散らばっているようで、ツバメがひしめいていました。

高水敷は、後片付けの人や車が多かったですが、まるで気にしていませんでした。
また、かなり近い位置にも入ったので、じっくり、ヨシに止まる様を観察できました。

数の見積りは全体像が観察できたわけではないので控えますが、3万羽以上いたのではないでしょうか。

これはもしかすると、消えた上河原堰上流の集団ねぐら分が、府中四谷橋下流に
入っているのかもしれませんね。

事務局 渡辺仁

2008.08.05

集団ねぐらに入らないツバメ

多摩市では、まだツバメが繁殖を続けている。
自宅周辺の今年繁殖に使われた7つの巣のうち2つが育雛中。
珍しいことではなく、東京近辺で遅いツバメの繁殖が終了するのは大体お盆頃である。

観察した繁殖中の巣は、最寄りの集団ねぐらである府中四谷橋下流までは、直線距離で約900m。
この巣では夜間、ツバメは、オス・メス親ともに、巣のそばで眠っている。

集団ねぐらに、3万もの数が集まって、おそらく渡りも始まっているのに、それでも、まだ繁殖をしていて、巣のそばにねぐらをとる(集団ねぐらに入らない)ツバメもいる。

写真は2008年8月3日撮影 多摩市関戸

Imgp3454

Imgp3455

府中四谷橋下流(8/4)3万羽

 空は暗く、遠くで雷が鳴り小雨が降っていましたが、8月5日(火)に予定されている「関戸・花火大会」のために設置されていた本部テントの中からツバメの様子を観察しました。
 ツバメは早くからヨシに止まり始めましたが、なかなか落ち着かず、前回7月28日の時よりもさらにヨシ原いっぱいに広がってねぐら入りしました。
 前回よりも数が増えたので、ねぐら入りは30,000羽としました。
 
◇観察日:2008年8月4日(月)  18:00~19:20
◇天候:雨のち曇  風:弱 
◇観察者:今城、大室、岡村、野口、田中(香)、田中(正)、古山 7名
◇ねぐら入り数 約30,000羽
◇ねぐら入り時間 19:03      
◇メモ 
・18:12~ ツバメの数が500羽位になる。上空を舞う
・18:30~ さらに集まってくる。上空高く、すごい数のツバメが舞う
・18:45~ 上空に500羽ぐらいが舞う。下流のオギ原を群れが旋回 ヨシ止まり始めるが、また、飛び上がるのを繰り返す
・18:59~ ヨシに止まり始める
・19:03~ さえずりが止まり静になる
       ライトスコープで観察。ヨシに当たった雨が光る
・19:20  観察を中止する
                              以上

情報提供: 府中野鳥クラブ 古山
写真撮影: 府中野鳥クラブ 大室

200884

200884_2

200884_3

200884_4

200884_5

2008.08.04

二ヶ領上河原堰上流(8/3)2,500羽大幅減少!

前回より大幅減少(10分の1以下)の結果となった。
今まで集団ねぐらの中心だった右岸(川崎市)側の入り江のある中州にはツバメは全く入らなかった。
右岸側の中州の変化としてはヨシ原がほとんど見えず、その代わりにアレチウリが繁茂し始めている状況だった。

【場所】多摩川二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市地先)
【日時】2008年8月2日(水)18:30~19:20
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約2,500羽
【観察ポイント】左岸調布市側の堤防上
【観察内容】
18:30 中州付近を飛翔するツバメは50羽程度。
18:40 上流から河川上を飛来するツバメが数羽程度。720ルクス
18:45 上流からさらに30羽程度飛来する。400ルクス。
18:50 上流からの飛来がかなり増える。数百羽程度が飛来。ただし前回のように右岸側の中州付近での飛翔はなく、左岸側の中州の下流側を中心に飛翔する。上空は飛翔しない。210ルクス。
18:55 上流から飛来は続くが、前回は川の流れのようにツバメが飛来したが、今日は比較できないほど少ない。90ルクス。
19:00 状況に変化なし。30ルクス。
19:05 ツバメは右岸側の中州や左岸側の中州の上流側にはほとんどないため、左岸側の中州下流が良く見える位置に移動。9ルクス。
19:10 ねぐら入り終了。上空を乱舞するような飛翔は一切見られない。左岸側の中州の下流側のヨシ原とヤナギ低木にねぐら入りしている。ほぼ下流端から・ヤナギ高木下を経て、その次の上流の低いヤナギの間まで約100mの区間で左岸側の水際を中心にねぐら入り。4ルクス。

ライトスコープでの確認では、前回(7/26日)までのねぐらの中心だった右岸(川崎市)側の中州へのねぐら入りはわずかに数羽程度しか確認できず。明るいうちの状況では、今シーズン初めて、アレチウリの繁茂を認める。ヨシ原はもともと小さかったものの、双眼鏡では確認できない。アレチウリに引き倒されている可能性がある。
左右岸に、打ち上げ花火で遊ぶ人が1グループずついる。

事務局 渡辺仁

写真は右岸側の中州に繁茂するアレチウリ

Sp1290407

左岸側の中州にねぐら入りしたツバメ

Sp1290421

Sp1290424

府中四谷橋下流(8/2)ロケット花火と深夜の大乱舞

他のねぐらを調査後、風が全く無かったので撮影日和と思い、8月2日の21時頃に府中四谷橋下流に行きました。その際の報告です。

遊歩道をはさんで上流側のヨシ原を中心にツバメがねぐら入りしているが、遊歩道をはさんで下流側のヨシ原にも多くのツバメがねぐら入りしている。
前回の府中野鳥クラブの報告の2万5千羽も納得できるほどのおびただしい数のツバメであった。
ヨシはごく一部に穂が出ているものもあり、ツバメは出たばかりの穂に止まっているものもいた。
大半は、ツバメはすでに眠っている状態で、目が反射して光るものはわずか。

21時45分頃、高校生と思われる3人組が高水敷の、ねぐらのやや上流側からヨシ原の上空に向かってロケット花火を5発ほど打ち上げた。
ツバメはすべて目を覚まし、夜半にもかかわらずねぐらから飛び立った。日は暮れて月はなく空は真っ暗。それでも、ヨシ原の上をツバメの大群の影が飛び回るのが肉眼でも見えた。上空をライトで照らすと飛翔するツバメの無数の目が見える。
しばらくすると、ロケット花火が打ち上がった上流側を避けて、遊歩道より下流側に再びねぐら入りした。

最初のロケット花火で、撮影していた私が驚いて立ち上がったので、高校生も私の存在に気づき、上流側に100mぐらい上流に離れた。しかし、そこで、ロケット花火をさらに10数発打ち上げた。
ツバメは今度は飛び立たなかったが、なかなか眠りには入らず、鳴き声のざわめきは22時15分頃まで続いた。
飛び立ったツバメの全てがヨシ原に戻ったかどうかはわからなかったが、かなりのツバメが見えるので、場所は下流側にシフトしたが、大半はヨシ原に戻ったらしい。

写真は花火の後に撮影したもの。

事務局 渡辺仁

Sdscn3683

Sp1290377

Sp1290383

Sp1290395


新二子橋上流(7/30)3,500羽

下記の通り、ご報告申し上げます。今回は過去6年間最多の3,500羽
に達し、上空低く黒い帯状になって飛び交う見応えのあるねぐら入り
パターンでした。

◇調査日  :  2008年7月30日(水) 17:55~19:15 日没18:47
◇天候    :  晴れ、微風
◇調査者  :  加藤・澤村・富川・根岸・深沢・宮森(6名)
◇ねぐら入り数:  3,500羽
◇ねぐら入り時刻:19:12
◇メモ
  ・17:55  8羽、ヨシ原上を旋回して飛び去る
  ・18:17  5羽、世田谷の街からヨシ原に入ってくるが、すぐに去る
  ・18:25  20羽、ヨシ原下流側にある草地グラウンド上すれすれに
         飛び交う
  ・18:48  30羽、世田谷民家の方から飛来
  ・18:54  100羽、ヨシ原奥の方を飛び交う
  ・19:00  500羽、ヨシ原上すれすれに猛スピードで飛び回る
  ・19:04  2,000羽、ヨシ原上空(10-15メートル辺り)を乱舞する
  ・19:08  一部ヨシ原にとまり始め、1,000羽に達する
        片や2,500羽が黒い帯状になって上空を群舞する
  ・19:12  3,500羽、ヨシ原の奥の部分をも含め、ねぐら入り
  ・19:15  調査終了
◇特記事項
  ・ヨシ原中央部はヨシが枯れ、替わりにセイタカアワダチソウ・マツヨイグサなどが
   生えている。これは乾燥化が進んでいるものと推測される。

情報提供: (財)世田谷トラストまちづくり 野鳥ボランティア 澤村

二ヶ領上河原堰上流(7/30)0羽

【場所】多摩川二ヶ領用水上河原堰上流左岸(調布市地先)
【日時】2008年7月30日(水)18:40~19:20
【天候】曇り
【観察者】柴田隆行
【ねぐら入りした個体数】 0羽
【観察ポイント】左岸、河口より26.2キロの堤防上にて
【観察内容】
18:40 カワウが高圧線上に181羽。堰上流水面にカイツブリ、カルガモ、コサギ、ダイサギ、アオサギ。ほかにゴイサギ、セッカ。
18:50 ツバメ1羽上流より飛来。
18:55 ツバメ2羽上流より飛来。
19:05 ツバメ10数羽、中央の中州と右岸より中州の間を飛翔。
19:10 かなり暗くなる。
19:15 左岸で花火遊び。

情報提供:多摩川の自然を守る会 柴田

2008.08.03

日野橋下流(8/2)0羽

【場所】日野橋下流
【日時】2008年8月2日(土)20:00~20:15
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】0羽
【ねぐら入りした環境】-
【観察ポイント】右岸側護岸上
【観察内容】
昨年までは小規模ながらも安定した集団ねぐらがあった場所を、日暮れ後にライトで探索。
2007年の台風9号で左岸側の水際に植生帯が流されてしまったのようで、昨年までのねぐら環境は消失している。ツバメの姿は見あたらない。
なお、下流の中央道付近にあった中州も流出しているようだ。

事務局 渡辺仁

昭和用水堰上流(福生南公園付近)(8/2)0羽

【場所】昭和用水堰上流(福生南公園付近)
【日時】2008年8月2日(土)18:15~19:30
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】0羽
【ねぐら入りした環境】-
【観察ポイント】左岸側河川敷
【観察内容】
昭和用水堰より胴長で河川を遡行し、福生南公園付近の多摩川と秋川合流点の澪筋近くの左岸側の河原にて観察。睦橋と高月浄水場付近も見渡すことができる。
この近辺の植生はヤナギ林、オギ原、クズが大半であるが、府中四谷橋下流と同じぐらいの規模のヨシ原がある。なお、アレチウリは見あたらない。

18:30 ヨシ原付近を20羽程度が飛翔。
18:50 ヨシ原付近を100羽ほどが飛翔。秋川方向から50羽ほどが飛来する。200ルクス。
18:55 下流側からも飛来する。全部で200羽ほどが飛翔する。すでにアブラコウモリもかなりの数が飛び始めている。97ルクス。
19:00 上空を数羽が飛翔。声はするが群れでの飛翔は見えなくなる。37ルクス
19:05 ツバメの声はわずかにするものの、ヨシ原にねぐら入りはしていない。11ルクス
19:10 ツバメの飛翔は確認できない。ヨシ原もライトで確認するが入っていない。秋川方向の上空も確認してみるが、ツバメは見あたらない。この近辺に大規模なねぐらはなさそう。7ルクス。

写真は観察地のヨシ原。奥のヤナギ林の手前に一段高いのがヨシ原。手前はオギ原。
Sp1290333

事務局 渡辺仁

2008二ヶ領上河原堰ツバメの集団ねぐら観察会

上河原堰集団ねぐらの規模激減につき、観察会の実施を検討中でしたが、予定どおり実施します。ただしツバメは少ない可能性が高いです。ご了解ください。

二ヶ領上河原堰上流の中州にある集団ねぐらを観察します。
今年は最大で3万羽のツバメが集まっています。
▼ 日時  :2008年8月9日(土) 17:00集合
▼ 集合場所:17:00、JR南武線稲田堤駅・改札口郵便ポスト前
(集合後 15分ほど歩いて多摩川に移動します)
▼ 解散場所:19:30頃観察地現地にて解散します
▼ 参加費 :無料(保険はかかっていませんので自己責任で参加ください)
▼ 主催  :多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会
▼ 持ち物 :帽子・飲み物・懐中電灯・双眼鏡・望遠鏡(あれば)
▼ 申込不要・雨天中止
▼ 問合せ先
 多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会 事務局 渡辺仁
 jin@watanabe.nifty.jp

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ