« コシアカツバメの集団ねぐら(10/3-4)奈良県曽爾高原 | トップページ | 「ツバメの集団ねぐら市民観察会」府中市ウェブサイトに掲載 »

2012.10.07

岐阜県美濃加茂市JR美濃太田駅前の電線ねぐら(10/4)62羽

岐阜県美濃加茂市JR美濃太田駅前の電線ねぐら(2012/10/4)

【場所】岐阜県美濃加茂市 JR美濃太田駅前西側の通り
【日時】2012年10月4日(木)16:30~18:30
【日没】17:33
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】62羽
【ねぐら入りした環境】電線
【ねぐら入りした時刻】17:52(10ルクス)日没後19分
【観察メモ】
17:30 上空を2羽が飛ぶ
17:32 上空を8羽が飛ぶ
17:33 上空を12羽が飛ぶ
17:34 17羽に増え、電線にまとわりつくように飛ぶ。
17:35 17羽が一度、西側のホテルルートイン側の細い通りの電線に止まる。
     鳥害防止対策済みの電線には基本的の止まらないが、対策済みの電線についている細い
     線に止まろうとしてバランスがとれないツバメもいる。
17:39 電線に止まっているものと別に19羽が上空を飛ぶ。
17:40 電線に止まっていたツバメも全て飛び、全部で約50羽が飛ぶ。
17:41 一部が電線に止まるが上空を50羽が飛ぶ。
17:47 約60羽が電線に止まろうとする。30ルクス
17:49 15羽が電線に止まるが、50羽は上空に飛び出す。
17:52 ほぼ全てのツバメが電線と電柱に止まってねぐら入り。10ルクス。
以降も微妙なポジション争いは続く。

時期的にはもう集団ねぐらが解消される時期であるため、かなり少ない。ピーク時に近い2009年8月15日の報告はこちらを参照。

電線はツバメの糞害対策のため、徹底的に電線に止まれないようにするための突起や細線
が設置されている。2年前は交差点周辺に対策が限られていたが、ツバメの分布範囲のほぼ全域の
広大な範囲に設置されている。

しかし鳥害対策電線の効果は今ひとつのようだ。
地元商店街の弥生町発展会が今年も毎週掃除をしていたらしい。今回の観察でも、ツバメは対策済みの電線には止まりにくそうにしていたが、結局は対策されていない電線にねぐら入りしたし、電柱の上でねぐらをとった個体もいた。糞の落下痕跡から見ても、対策済みであってもツバメのねぐらとなっている電線もあったようだ。
なお、この記事では4年前から集団ねぐらができたとなっているが間違いと思われる。2009年当時、集団ねぐらの中心となっていた交差点にあったコンビニエンスストア(現在は閉店)の主人へのヒアリングでは、6~7年前からという言質を得ており、2002-2003年につまり9-10年前にはすでにこの位置に集団ねぐらが形成されていたと考えられる。

2009年時点でも鳥害防止用の突起付き電線にはツバメがねぐら入りしたが、対策ナシの電線よりはツバメの個体数が少なかった。現状も様々なタイプの鳥害防止電線が設置されており、タイプ別に効果の大小はありそうだ。ピーク時に観察すればその効果を評価できるだろう。

しかし本来のツバメの集団ねぐらの環境はヨシ原である。かつて広島県廿日市市で電線に集団ねぐらが形成されたことがあるが、ヨシ原が近傍にできた後、そちらに移動したとのことである。街中で対策をしてもイタチごっこになる可能性が高いので、ヨシ原を形成してそちらに移動してもらうのが一番望ましいだろう。木曽川の河川敷や周辺ため池を活用することはできないだろうか。
ムクドリなどは街中の方を好んでいるのではと思う点もあるが、ツバメの場合は現時点では周辺にヨシ原等の環境がない場合に限って電線を使っていると思われる。

最近、日本国内での電線ねぐらの情報がいくつも集まってきた。ソースがしっかりしているものに限っても以下の情報がある。ネットに掲載された情報から、もしかすると電線ねぐらがあるかもしれない場所は他にもいくつかある。とはいえツバメの電線ねぐらが珍しい事に違いはない。ヨシ原の保全を進めたい。

静岡県伊東市
岐阜県美濃加茂市
大阪府岸和田市
兵庫県宝塚市
兵庫県神戸市
兵庫県香美町
広島県廿日市市(今は消失か)
長崎県対馬市


より大きな地図で 美濃太田駅前ツバメ集団ねぐら を表示

Minokamo_swallow_img_0818
ねぐら入りした通り。南側から北側を撮影。

Minokamo_swallow_img_0821
電線にねぐら入りしたツバメ


Minokamo_swallow_img_0827
電線にねぐら入りしたツバメ


Minokamo_swallow_img_0834
電柱にねぐら入りしたツバメ

Minokamo_swallow_img_0841
電柱にねぐら入りしたツバメ


Minokamo_swallow_img_0843
電線にねぐら入りしたツバメ1羽


Minokamo_img_0720
電線を6本の細い線でガードして鳥が止まれないようにしている。これは効果があるかもしれない。細い線は足でつかめないためバランスがとりにくい。

Minokamo_img_0733
電線を突起で取り囲んだ対策。上下で別の種類。この対策では2009年の時からツバメが止まってねぐらにしている例が観察された。しかし対策ナシの電線よりはツバメの利用頻度は下がったようだった。

Minokamo_img_0784
上部だけを細い線でガードして鳥が止まれないようにしている。細い線は足でつかめないためバランスがとりにくい。今回もはばたいてバランスをとり続けるツバメを観察した。しかし上部1本だけだと、電線との間隔が広すぎて結局電線に止まってしまうのが今回観察された。また、正確に防止線が上部でない(傾いている)場合も電線に止まってしまい防止効果が薄くなってしまう。うまく設置するのが難しいだろう。

またどんなに厳重に対策しても個別宅への引き込み線など対策漏れが出てしまうし、電柱を使う例もある。電線に防止するだけでは根本的な対策にはなりにくいように思う。また、効果があった場合でも周辺に移動してしまうだけでイタチごっこになる可能性もある。本当は、ツバメがねぐら環境としてより好むヨシ原が近くにある方が良いのだが。

« コシアカツバメの集団ねぐら(10/3-4)奈良県曽爾高原 | トップページ | 「ツバメの集団ねぐら市民観察会」府中市ウェブサイトに掲載 »

ツバメの集団ねぐら情報(その他の地域)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ