« 多摩大橋下流(ひょうたん池)(2016年8月6日)30,000羽 | トップページ | 多摩大橋下流ひょうたん池カウント調査(2016年8月11日) »

2016.08.09

上河原堰上流・ヨシ原は復元できるか?その2(2016年8月7日)

上河原堰についてのモニタリング。以前に報告してから2年ほど時間が経ってしまったが、堰の回収・中州の浚渫後の環境をチェックした。
かつてのような中州は復元されていることはなく広い水面が広がっていて、3シーズン前にはツバメの集団ねぐらの中州があった名残は全くない。
左岸側の護岸されていない自然河岸部(砂利)は、工事後からは植生がかなり復元しているが、植生の構成を見ると、オオブタクサやセイバンモロコシ等の外来種が多く、アレチウリすら侵入している。右岸側には2箇所だけ水際に小さなヨシ群落(10平米ぐらい)があるのがわかったが、他の植物に圧迫されていて、今後の拡大は、期待できなさそう。
このように、自然の遷移にまかせても、ツバメの集団ねぐらのポテンシャルを持つヨシ原は回復しな可能性が高いので、ヨシ原を拡大するためには積極的な介入が必要かもしれない。逆に管理や植栽などでヨシ原を積極的に復元すれば、ツバメの集団ねぐらが戻ってくる事も無理ではないように思える。当連絡会には調布市の団体がいないので、当面の計画はないが、地元の調布市に積極的な市民団体があれば積極的にサポートしたい。
(渡辺仁)

Dsc08087

川崎市側からの眺望。多摩川を横断していた高圧電線がいつの間にか撤去されている


Dsc08106

調布市側の自然河岸部

Dsc08090

わずかに生育するヨシ群落

Dsc08093

外来種などが繁茂している

Dsc08094

アレチウリも侵入している

Dsc08112

電線の撤去された鉄塔


« 多摩大橋下流(ひょうたん池)(2016年8月6日)30,000羽 | トップページ | 多摩大橋下流ひょうたん池カウント調査(2016年8月11日) »

ツバメの集団ねぐら情報(上河原堰上流)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩大橋下流(ひょうたん池)(2016年8月6日)30,000羽 | トップページ | 多摩大橋下流ひょうたん池カウント調査(2016年8月11日) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ