« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.08.12

多摩大橋下流ひょうたん池カウント調査(2016年8月11日)

(2016年7月13日頃に谷地川合流点上流からひょうたん池にねぐらが700m移動したため、名称を多摩大橋下流ひょうたん池集団ねぐらと改めました)

ねぐら入りするツバメの個体数をカウントするために周囲を14地点で取り囲み、出入りの調査を実施しました。今回の参加者は、八王子・日野カワセミ会13名、日本野鳥の会奥多摩支部1名、バードリサーチ1名、多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会1名、その他2名の計18名の参加により実施しました。

1.ねぐら入り個体数
調査の結果、7,954羽がねぐら区域へ入るのが、カウント結果の差引(【ねぐら区域へ入ったツバメの数】から【ねぐら区域から出ていったツバメの数】を差し引いた数)でわかりました。
実際には、各調査地点間が離れているため、調査地点から離れた場所の見落としがあったり、下流側から河川敷を見づらい低い高度で進入するツバメがいたりすることから、何割かのツバメの数え漏れがあるであるだろうと考えています。実際のねぐら入り個体数はもう少しは多いものと考えられます。
ねぐら入りの個体数の真の値を把握することは現実的に不可能(全てのツバメをねぐら入り後に追い出して捕獲して数えれば可能ですが。)なので、永遠に謎は解けないかもしれませんが、少しずつでも、真の値に近づけたいと思っています。
調査を実施した8月11日は個体数のピークを過ぎている(多摩川地区のピークは7月下旬~8月上旬)と思われますが、今回のねぐら入り後のヨシ原をライトで観察した限りでは1週間前と比較して大きくは減っているとは思えませんでしたので、今回のカウント結果を踏まえるとピーク時3万羽という見積りは実際より多そうです。

2.ねぐら入り方向
ツバメは上流方向から集まる傾向があることが、多摩川での既往の調査で示唆されています。今回の調査で、上流の多摩大橋を川沿いに通過してねぐら入りするツバメが全体の約75%を占めることがわかりました。
反対の下流からの進入もやや多く、多摩川沿いがツバメにとって移動経路であることがわかりました。全体の約80%が川沿いを移動してねぐら入りしていることがわかりました。一方、多摩大橋の下を通過したツバメはわずか7羽で、ほとんどのツバメが橋の上を移動することも明らかになりました。

1_3

3.ねぐら入り時間帯
また今回は5分頃に通過個体数を記録したことで、日没時点では全体の15%しか集まっていないことが明らかになりました。日没後15分間で急速に増え大半のツバメが集まる事がわかりました。

Photo

4.府中四谷橋の集団ねぐらとの関係
今回の調査で明らかになったように集団ねぐらの個体数を把握することは難しいと思いますが、双方を観察した感覚からすると、おそらく府中四谷のねぐらとひょうたん池のピーク時の個体数は同じ程度と考えています。
府中四谷のツバメも上流方向からの流入が多かった実績がありますし、断定はできませんが、ひょうたん池のツバメの多くが上流から集まっている事を考えると、府中四谷橋のツバメが、ひょうたん池に移動した可能性は低いのではないかと考えます。では、府中四谷のツバメはどこに行ってしまったのでしょう?

5.来年に向けて
今回の調査をトライアルとして、得られた教訓をもとに、来年7月下旬のピーク時に調査手法を見直した調査を再度実施する予定です。またご協力をお願いします。
(渡辺仁)

2016.08.09

上河原堰上流・ヨシ原は復元できるか?その2(2016年8月7日)

上河原堰についてのモニタリング。以前に報告してから2年ほど時間が経ってしまったが、堰の回収・中州の浚渫後の環境をチェックした。
かつてのような中州は復元されていることはなく広い水面が広がっていて、3シーズン前にはツバメの集団ねぐらの中州があった名残は全くない。
左岸側の護岸されていない自然河岸部(砂利)は、工事後からは植生がかなり復元しているが、植生の構成を見ると、オオブタクサやセイバンモロコシ等の外来種が多く、アレチウリすら侵入している。右岸側には2箇所だけ水際に小さなヨシ群落(10平米ぐらい)があるのがわかったが、他の植物に圧迫されていて、今後の拡大は、期待できなさそう。
このように、自然の遷移にまかせても、ツバメの集団ねぐらのポテンシャルを持つヨシ原は回復しな可能性が高いので、ヨシ原を拡大するためには積極的な介入が必要かもしれない。逆に管理や植栽などでヨシ原を積極的に復元すれば、ツバメの集団ねぐらが戻ってくる事も無理ではないように思える。当連絡会には調布市の団体がいないので、当面の計画はないが、地元の調布市に積極的な市民団体があれば積極的にサポートしたい。
(渡辺仁)

Dsc08087

川崎市側からの眺望。多摩川を横断していた高圧電線がいつの間にか撤去されている


Dsc08106

調布市側の自然河岸部

Dsc08090

わずかに生育するヨシ群落

Dsc08093

外来種などが繁茂している

Dsc08094

アレチウリも侵入している

Dsc08112

電線の撤去された鉄塔


2016.08.08

多摩大橋下流(ひょうたん池)(2016年8月6日)30,000羽

【場所】多摩大橋下流(ひょうたん池)日野市・昭島市・八王子市の市境
(2016年7月13日頃に谷地川合流点上流からひょうたん池にねぐらが700m移動したため、名称を多摩大橋下流ひょうたん池集団ねぐらと改めました)
【日時】2016年8月6日18:00~20:30
【天候】晴れ
【観察者】渡辺仁、(日本野鳥の会奥多摩支部観察会の参加者多数120名以上)
【ねぐら入りした個体数】約30,000羽
【ねぐら入り時刻】19:05
【日没時間】18:40
【ねぐら入りした環境】ヨシ及び一部タケ・ヤナギ・ニセアカシア(ハリエンジュ)、オギ、オオブタクサ
【観察メモ】
この時期にしては成鳥が(3日と比較しても)成鳥が多い印象。ランダムに数えると45%が成鳥。55%が幼鳥。一部、換羽が始まっており、初列風切の胴体側が欠損して、凹型の翼のシルエットのものが増えてきた。
奥多摩支部の観察会の日で、ざっと数えただけで120名以上が観察していた。もっと多かったかもしれません。ここまで多くの人が観察したのは、当地でははじめてと思われる。
天気もよく、おびただしい数のツバメが頭上低く乱舞してくれたので、大迫力でした。

Img_8476

Img_8501

Img_8523

Img_8549

Img_8553

【花火大会の影響】
観察会終了後にねぐら入り場所と写真撮影をしていたが、全く予期していなかった花火大会が近くで開始された。
花火大会は対岸の昭島市の第44回昭島市民くじら祭夢花火で打上場からねぐらの距離は1.3キロ。打上花火数は約2千発とのこと。花火の音が結構していましたが、この距離だと、ツバメが動じる様子は観察されませんでした。(さらに、同時に第68回青梅市納涼花火大会も行われいて距離は相当離れているが花火の音が聞こえた)
2002年8月6日には、府中四谷橋下流の集団ねぐらで、多摩川関戸橋花火大会が開催され、その際は打上場からの距離が400~500mで今回より近く、最初の花火の打ち上げで一斉に飛び去ってしまったことがあった。1.3キロあると大分影響が緩和されるのかもしれない。

Img_8583

Img_8591

(渡辺仁)

2016.08.05

多摩大橋下流(ひょうたん池)(2016年8月3日)30,000羽

【場所】谷地川合流点上流(日野市・昭島市・八王子市の市境のひょうたん池)

【日時】2016年8月3日17:00~20:00

【天候】曇り

【観察者】渡辺仁、(八王子・日野カワセミ会)福本、若狭、武藤、管野

(日本野鳥の会奥多摩支部)滝島

【ねぐら入りした個体数】約30,000羽

【ねぐら入り時刻】19:03

【日没時間】18:43

【ねぐら入りした環境】ヨシ及び一部タケ・ヤナギ・ニセアカシア(ハリエンジュ)、オギ、オオブタクサ

【観察メモ】

18:30 約500羽がねぐら地周辺を飛び回っている。ランダムに20羽を確認すると17羽が幼鳥、3羽が成鳥。幼鳥率は85%。

18:35 約1000羽に増加する。上空を飛び回るものが大半だがヨシ原の上を低く飛ぶものもいる。

18:40 約3000羽に増加する。

18:45 約6000羽が上空を乱舞。

18:50 約1万5千羽となる。多くが上空を乱舞。ヨシ原に止まるツバメも多い。

18:55 ヨシ原に止まったツバメが一斉に飛び立つ。約2万5千羽が頭上をうずまくように飛びすさまじい迫力。

19:00 続々と木の葉落としでヨシ原にねぐら入り。しかしまだ頭上に千羽単位のツバメが飛翔している。

19:03 最後の約千羽のツバメが木の葉落としでねぐら入りし、ほぼヨシ原におさまる。ただし、まだ全く落ち着いておらずポジション争いで騒がしい。

多くのツバメは上流方向から集まるように見受けられる。

Resizedimg_8205

Resizedimg_8279

Resizedimg_8336

Resizedimg_8348

Resizedimg_8352

Resizedimg_8386

ツバメのほとんどはヨシ原にねぐらをとっていた

Resizedimg_8368

ヨシ原に隣接するヤナギで眠るツバメ

Resizedimg_8365

ヨシ原に隣接するニセアカシア(ハリエンジュ)で眠るツバメ

Resizedimg_8466

ヨシ原に隣接するタケで眠るツバメ

Resizedimg_8389

ツバメはヨシ原の中にある枯れた茎もねぐら場所として好む



【ねぐら入りした環境について】

ひょうたん池は深いところで80センチ以上ある。水深25センチ未満のエリアにヨシが、水深25~70センチのエリアにヒメガマが生育している。ヨシは水中から生育するものが高さが2.3メートル程度、陸上でのヨシは最大で3.6mに達する。

ツバメがねぐら入りした環境はヨシ原部分が中心であるが、ヨシ原は約0.165ヘクタールしかなく、ほぼその全部をねぐらとして利用している。それだけでなく、ヨシ原の中のヤナギ、ヨシ原に隣接する竹林、ニセアカシア、オオブタクサ、オギもごく一部をねぐらとして利用している。全体としてねぐらとして利用されているのは0.2ヘクタール程度である。

ねぐら入り前に1mのマーカーテープを設置して、平米あたりのツバメのねぐら入り個体数を計測したところ、大体15~20羽程度がカウントされた。平均して平米15羽が0.2ヘクタールに入ったとすれば、3万羽となるので、目測による推定数と大体一致する。

陸上部にあるヨシの状況としては、クズ、カナムグラ、ヤブガラシなどのつる植物に巻き付かれているものもあり、今後のヨシ原を維持するためには、管理が必要と思われる。ヤナギ等も入りこんでおり、今後の管理をしなければ、いずれこのヨシ原もツバメがねぐらとして利用できなくなるだろう。

1

Photo_2


« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ