« 2016年8月 | トップページ | 2017年6月 »

2017.01.21

第1回多摩大橋下流ひょうたん池ヨシ原管理活動終了!

本日2017年1月21日、多摩大橋下流ひょうたん池ヨシ原管理活動を実施しました。
八王子・日野カワセミ会、日本野鳥の会奥多摩支部、日本野鳥の会本部、多摩市ツバメ調査団の計25名にボランティアとして参加していただきました。
昨夏はじめてツバメの集団ねぐらが確認されたひょうたん池ですが、ヨシ原の面積は小さく、他の植物に被圧されつつあることが確認されており、このままだと乾燥化・遷移が進みヨシ原が衰退することが想定されます。
今回の活動では、ヨシ原を少しでも長く良好な状態に保ち、ツバメの集団ねぐら環境として維持される事を目的として、ヨシ原の中及び隣接地域のタケ、クズ、ノイバラ、ニセアカシア(外来植物)、その他雑木類、セイタカアワダチソウ等の外来種を伐採・伐根したものです。
伐採した植物はメンバーの軽トラックで運び出しました。およそ300キロ以上を処理しました。まだ、タケ等は残っていますが、今回の活動で大分改善されたと思われます。
この活動は長く継続する必要があり、5~6月に第二回ヨシ原管理活動を実施する予定です、。引き続き皆さんのご協力をお願いします。

Img_2081_resized

Img_2004

Img_2016

Img_2023

Img_2058

Img_2060

2017.01.11

【1月21日(土)9時】多摩大橋下流ひょうたん池ヨシ原管理活動参加者募集

多摩大橋下流ひょうたん池ヨシ原管理活動参加者を募集します
昨夏初めてツバメの集団ねぐらが確認されたひょうたん池ですが、雑草の繁茂などヨシ原の状況が良い状況ではないことがわかっています。
そこで下記の通りヨシ原管理活動を実施します。
今後もツバメの集団ねぐらが維持されるよう、皆様お誘いあわせの上、参加していただけると幸いです。実質2時間程度の作業を予定しておりますが、人数が多ければ助かります。
【日時】 平成29年1月21日(土) 9時から12時まで(11時頃には作業が終了する予定です)
【場所】 多摩大橋下流ひょうたん池周辺
【集合】「小宮まちの公園(八王子市小宮町343-2)」に9時00分
 公共交通機関の場合:日野駅から宇津木台行き乗車7分で「小宮町バス停」下車5分です
 (バスの便は1時間に4本ぐらい出ています)。
 JR八高線利用の場合は小宮駅下車で徒歩13分です。
 自家用車でも駐車スペース(公園沿い南側の砂利道)があります。
【主催】多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会、八王子・日野カワセミ会、
   日本野鳥の会奥多摩支部、バードリサーチ
【内容】:1. 樹木伐採・剪定 2.雑草取り、3.刈った樹木や雑草の移動(河川敷から軽トラックまでの運搬)
持ち物:底がしっかりしている靴、軍手(ゴムが着いているものがベスト)、長袖・長ズボン(汚れても良い服装)、カッパ、帽子、使い慣れた鎌や剪定ばさみがあればお持ち下さい。
事務局でもいくらかの道具は準備しますので、道具はなくても結構です。
小雨決行・大雨中止
【問合せ・担当】
渡辺仁 jin@watanabe.nifty.jp、カワセミ会:福本健、若狭誠、粕谷和夫
★道具、保険等の準備がありますので参加される方は、あらかじめメールにてお知らせ下さい。
ヨシ原管理活動は国土交通省京浜河川事務所多摩川上流出張所の許可を得て実施します。
多摩川多摩大橋下流通称ひょうたん池のヨシ原は、2016年7月中旬から多摩川最大のツバメの集団ねぐらになっています。しかし、ひょうたん池のヨシ原周辺は、ニセアカシア(外来種)、ヤナギや竹林が入り込み、セイタカアワダチソウ(外来種)をはじめ、クズ、ヤブガラシ、カナムグラが繁茂していてヨシ原を侵食していくおそれがあります。このまま管理しないと、いずれヨシ原が衰退しツバメから放棄されてしまうことが予想されます。
このプロジェクトは、ヨシ原を良好な状態に維持し、次の夏にまたツバメがここに帰ってきますようにとの願いを込めて実施します。ツバメの集団ねぐらを守る取組みをご理解頂き、一人でも多くの皆様がボランティア参加されることを期待します。

« 2016年8月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ