« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018.05.05

多摩大橋下流(18/5/5)1,200羽

【観察場所】多摩大橋下流(谷地川合流点付近の釣り堀付近)
 釣り堀の一番上流側から観察
【日時】2018年5月5日(土)18:00~19:30
【天候】快晴
【日没】18:32
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約1,200羽(上空の飛翔数から推測)
【ねぐら入りした場所】谷地川合流点付近の池(釣り堀として利用されている)と多摩川の間
              (住所としては日野市栄町三丁目) 
【ねぐら入りした環境】ヤナギ、ヨシ
【ねぐら入り時刻】18:54頃(日没22分後)
【ねぐら入り時の明るさ】6ルクス
【観察内容】
18時35分 50程度が飛翔。220ルクス
18時37分 100羽程度が下流から飛来。
18時40分 さらに200羽程度が飛来する。囀っているものが多い全て成鳥。85ルクス
18時45分 さらに多数が飛翔する。高度を下げている個体もいる。35ルクス
18時46分 高度を下げて植生上低く流れるように飛翔する。
18時50分 高度を下げて流れるように飛翔する個体が増えるが、だ上空を大群で飛び回っている個体もいる。全体で1000羽以上。
18時54分 高度を下げて一昨日と同じ場所にねぐらいり。木の葉落としで入る個体もいる。6ルクス。
18時55分 遅れて飛来した数羽の群れが3群ほどねぐら入り。最終的に1200羽程度が入ったと思われる。
脚立(高さ2m)の上からライトで観察すると、ヤナギ1本の低い位置に多くがねぐら入りして、100羽程度の目が反射して、クリスマスツリーのよう。しかし北側にも多くが入っているようで全部が見えるわけではない。ヨシにも少しが入ってるようだ。
ヨシはここ数日で大きく成長し、高いもので1.8m程度となる。ヨシに移動するのも近いと思われる。
なお、ヤナギ付近の環境を確認するため、明るい内にヤナギの根元の環境を確認しようとしたが、ねぐら周辺は水面となっており、長靴では容易に近づけず確認できなかった。ヤナギも水面上に生育しているのかもしれない。
ねぐら入りした環境の近くのヨシ原からヒクイナの声が調査中時折していたが、日没後はヒッヒッヒッとずっと鳴き続けていた。
また、一昨日までいたオオバンの姿を見なかった。

Av6p9348

Av6p9533

Av6p9563

Av6p9601

Av6p9643

Av6p9694

2018.05.04

多摩大橋下流(18/5/3)1,000羽

【観察場所】多摩大橋下流(谷地川合流点付近の釣り堀付近)
 釣り堀の一番上流側から観察
【日時】2018年5月3日(木)18:00~19:30(日野市側) 20:00~20:30(昭島市)
【天候】晴(雲多い)
【日没】18:29
【観察者】渡辺仁、福本
【ねぐら入りした個体数】 約1,000羽(上空の飛翔数から推測)
【ねぐら入りした場所】谷地川合流点付近の池(釣り堀として利用されている)と多摩川の間
              (住所としては日野市栄町三丁目) 
【ねぐら入りした環境】ヤナギ、ヨシ
【ねぐら入り時刻】18:49頃(日没20分後)
【観察内容】
18:10 上空50羽程度がまばらに行ったりきたり。
18:20 ツバメ上空に50羽ほどが飛翔。400ルクス
18:29 さらに50羽が上空から飛翔する
18:30  280ルクス
18:35 約200羽が集まってきて上空を飛翔。180ルクス
18:40 さらに集まってきて上空を約1000個体が飛翔する。48ルクス
18:42 上空高くをウンカのように大群が飛翔する。28ルクス
18:45 高度低く大群で流れるように飛ぶ。18ルクス
18:48 ヤナギ林とヨシに止まり始める。10ルクス
18:49 止まり始めてからあっという間に飛翔するツバメが見えなくなる。ねぐら入りは終了したようだ。 7ルクス。(5ルクス未満でねぐら入りするのが多いので今日は明るいうちにねぐら入り)
脚立(高さ2m)の上からライトで観察すると、ヤナギ1本の低い位置に多くがねぐら入りして、100羽程度の目が反射して、クリスマスツリーのよう。しかし北側にも多くが入っているようで全部が見えるわけではない。ヨシにも少しが入ってるようだ。
その後、昭島市側に移動して多摩川左岸側からライトスコープで観察。主にヤナギに、少数がヨシに入ってるのが確認できる。

Av6p7400

Av6p7239

Av6p7502

Av6p7649

Av6p7670

Av6p7761

Av6p7794

Cropped

Cropped_moorhen

ヨシ原の中にバンがねぐらをとっていた

2018.05.02

多摩大橋下流(18/5/1)1,000羽

【観察場所】多摩大橋下流(谷地川合流点付近の釣り堀付近)
【日時】2018年5月1日(火)18:30~19:30
【天候】快晴
【日没】18:27
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約1000羽(上空の飛翔数から推測)
【ねぐら入りした場所】谷地川合流点付近の池(釣り堀として利用されている)と多摩川の間
              (住所としては日野市栄町三丁目) 
【ねぐら入りした環境】ヤナギ
【ねぐら入り時刻】18:50頃(日没23分後)
【観察内容】
谷地川側東光寺グラウンド側から観察しながらアプローチ。
18:30 すでに谷地川付近を飛び回っているが、いったりきたりで広い範囲を飛翔している。
18:40 釣り堀の上空を群れが飛翔。1000羽程度はいたものと思われる。
18:50 大分暗くなった頃、釣り堀となっている池のあたりの奥を低く飛翔しているツバメが見えたので
そのあたりにねぐら入りしたと推測。
谷地川を渡渉し、釣り堀の一番奥までアプローチして、ライトと双眼鏡でねぐら入りしたツバメを
探すと、40メートル先のヤナギにねぐら入りしたツバメを確認できた。非常にみづらい場所である。
ひょうたん池より850mほど下流となる。
3日かけて、ツバメの飛翔方向を追いかけ、最終的に場所を特定できた。
当地はもしかすると、昭島側から多摩川を渡渉してアプローチした方が近くまでいけるかもしれない。
まだヨシは1~1.2メートル程度の成長で背が低い。ヤナギは葉が茂っており、これからツバメの数が増えていけば収容できなくなるだろう。ヨシが成長すると、ひょうたん池かあるいは別のヨシ原に移動すると思われる。

Map

Av6p6903

Av6p7026

Av6p7037

Cropped7134

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ