2010.03.27

ツバメ渡来

今年もあちこちからツバメ渡来の情報が入ってきました。
多摩川でも、多くの場所でツバメが観察されています。
いよいよシーズンが始まります。

2008.08.05

集団ねぐらに入らないツバメ

多摩市では、まだツバメが繁殖を続けている。
自宅周辺の今年繁殖に使われた7つの巣のうち2つが育雛中。
珍しいことではなく、東京近辺で遅いツバメの繁殖が終了するのは大体お盆頃である。

観察した繁殖中の巣は、最寄りの集団ねぐらである府中四谷橋下流までは、直線距離で約900m。
この巣では夜間、ツバメは、オス・メス親ともに、巣のそばで眠っている。

集団ねぐらに、3万もの数が集まって、おそらく渡りも始まっているのに、それでも、まだ繁殖をしていて、巣のそばにねぐらをとる(集団ねぐらに入らない)ツバメもいる。

写真は2008年8月3日撮影 多摩市関戸

Imgp3454

Imgp3455

2008.03.31

ツバメ続々渡来

多摩川流域でもあちこちから一番ツバメの情報が集まってきました。

日野市百草 3月26日
府中市車返団地 3月26日
世田谷区鎌田 3月27日
世田谷区奥沢 3月29日
多摩市一ノ宮 3月29日
多摩市一ノ宮(多摩川) 3月30日

写真は多摩市一ノ宮(多摩川)で30日撮影したものです。

Cover25

2008.02.20

一番ツバメの情報募集

今年の冬は寒いですが、もうすぐ3月ですね。
一番ツバメがそろそろ到来する季節です。
ツバメの初認情報、コメントかメールでお知らせください。

2007.12.03

越冬ツバメの情報募集

ツバメも去ってしまい寂しい季節になりました。
とはいえ、
私(管理人)は、まだ越冬ツバメを観察したことがありません。
多摩川に限らず、日本全国、どこでも越冬ツバメがいるという情報がありましたらお知らせください。
よろしくお願いいたします。
jin@watanabe.nifty.jp

2004.03.28

川崎市(河口付近)のツバメ情報(3月21日・27日)

皆様の情報が早いのでやきもきしていたのですが、やっと河口まで来たようです。
3月21日 川崎市大師橋下流の葦原を飛ぶ 2羽
3月27日 同所 1羽
(情報提供:かわさき自然調査団 松原迪郎さん)

大田区昭和島のツバメ情報(3月21日)

3月21日に、大田区昭和島の森ケ崎水処理センター内にてツバメ一羽確認しています。
(情報提供:リトルターンプロジェクト 増田直也さん)

2004.03.25

世田谷区ツバメ情報(3月23日)86羽!

いよいよツバメの本格的到来が始まったようです。3月23日、大田区の調布堰(河口から 13.2キロ)~世田谷区の鎌田1丁目(河口から 19 キロ)の多摩川の区間(5.8キロ)で、水面すれすれに飛ぶツバメ 86 羽とイワツバメ67 羽観察しました。(情報提供 世田谷の野鳥環境を考える会 廣田行雄さん)

世田谷区ツバメ情報(3月22日)

昨日(3/22)、世田谷区の第三京浜道の下流 200米あたりで水面スレスレに 25 羽ほどのツバメが小雨降る中、飛び交っていました。いよいよ本格的な渡来も目前。楽しみですね。(情報提供 世田谷の野鳥環境を考える会 澤村信之さん)

2004.03.23

府中市ツバメ情報(3月21日)

21日午後5時ごろ、府中市第八中学校の前の河原でツバメを2羽飛んでいるのを見ました。ヨシ原の上でなく川の上でした。
(情報提供:府中野鳥クラブ 岡村肇子さん)

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ