2008.01.20

ツバメ標識調査2羽目の再捕獲!

当連絡会で実施した2005年の標識調査で標識したツバメについて、再び再捕獲の情報が入りました。

このツバメは、2005年に日本で(多摩川周辺で?)生まれ、一冬越冬地で過ごして、成鳥となり、日本に帰って再度多摩川で捕獲されたことになります。

再度捕獲された場所の状況は詳しくはわかりませんが、住所からは、上河原堰上流の集団ねぐらと思われます。
府中四谷の集団ねぐらが現在はない状況なので、9キロ下流の集団ねぐらへ移動したのでしょうか。

これで2005年7月24日に標識したツバメ118羽のうち2羽が再捕獲されたことになります。
再捕獲率1.7%で、山階鳥類研究所で公開されているツバメの移動回収率0.13%よりもかなり高いです。

連絡会で実施した2004年と2005年の計3回の標識調査のうち、標識したツバメトータルで、2004年が2回で、98羽、2005年が118羽、計216羽ですから、これらを総合しても、再捕獲率は、0.9%で、日本全体の記録よりは高いです。絶対数が2羽で少ないのですが、同じ場所で標識調査を継続し、なおかつ、周辺地区の集団ねぐらと連携して調査することで、回収率を上げられるのかもしれません。

(ちなみにこの回収率の差を、フィッシャーの正確確率という統計解析手法を使って検定してみるとp<0.05で、全体の回収率より、連絡会の回収率が高いことが有意であり、偶然では生じにくいという結果になります。さらに3羽目が捕まったりするとp<0.01となりさらに偶然では生じにくいという結果になります。)

2005/7/24
U J ツバメ 東京都府中市南町四谷多摩川河川敷

2006/6/24
♂? Ad ツバメ 東京都調布市布田先多摩川河川敷

移動距離8km 経過時間11ヶ月(335日) 

情報提供 峯尾さん提供情報を事務局渡辺仁が編集

2005.09.25

多摩川のツバメを山梨県で再捕獲!(8月20日)

今年も山梨県の忍野村でツバメの集団ねぐらのバンディングを複数回行っています。
それで嬉しい結果がでましたのでご報告します。

8/20 ツバメ 150羽放鳥 網6枚
うち1羽が足環つきで、しかも7月24日に府中市四谷集団ねぐらのバンディングで私が放鳥した個体でした。
直線距離60kmくらいでしょうか。

再捕獲(Rc)個体情報です。
2005/07/24 2U-66409 ツバメ U J 東京都府中市四谷河川敷
 北緯 35°39′ 東経139°27′ 標高57m で放鳥

→2005/08/20 2U-66409 ツバメ U J 山梨県南都留郡忍野村忍草休耕田
 北緯 35°27′東経138°50′ 標高930m で再捕獲

直線距離約60km

情報提供 自然環境アカデミー 峯尾雄太さん

府中四谷橋下流集団ねぐらで標識調査を実施(2005年7月24日)

当会は、2005年も府中四谷橋下流の集団ねぐらで標識調査を実施しました。
その結果報告です。

2005年7月24日 17:30~21:40 曇りのち雨
鳥類標識調査従事者2名を含む総数21名が参加してくれました。
ありがとうございました。

17:30頃より網を設置開始
18:00頃設置完了 通路上に5枚、内3枚分が2段で合わせて8枚。
  しばらく観察しながらオオヨシキリを狙うが成果無し。
18:45頃から網を高くしツバメ狙いで行う。今年は去年より大分個体数が多く感じられ網にどんどん入っていく。
19:15頃塒より、手におえなくなる前に回収に入る。
  府中四谷地区でのねぐら入り聡個体数は全体でおそらく15,000~20,000個体程度か。

20:00までに撤収を完了
21:40リング装着終了 解散

全放鳥数は
ツバメ118羽
オオヨシキリ2羽
です。

ツバメ内訳は
♂A(♂成鳥)6羽
♀A(♀成鳥)5羽
UA(性不明成鳥)5羽
UJ(性不明幼鳥)102羽

オオヨシキリは全てUJ(性不明幼鳥)でした。

落鳥個体は0です。

残念ながら今回も他で足輪をつけた鳥の再捕獲Rcはありませんでした。
去年放鳥した個体は元気にしてるでしょうか?
今回は成鳥比率が異常に高かったです どうしてでしょうね?

また、調査終了と同時に大雨となり、欲張ってもう1回捕獲などをしなくて正解でした。
無事今日の調査は終了です。
世界のどこかで再び捕獲回収されることをねがって。

今回の足環番号です。
2005年7月24日
ツバメ2U-66296~2U-66413
オオヨシキリ3D-29630~3D-29631

以上です。

情報提供(自然環境アカデミー 峯尾雄太さん 本文加筆および写真撮影 事務局渡辺仁)

DSCN2313
放鳥した成鳥オス

DSCN2298
設置した網で捕獲されたツバメ


2004.08.09

府中四谷橋下流集団ねぐらで標識調査を実施(8月8日)

8月8日、府中四谷橋下流集団ねぐらで自然環境アカデミーの方々が主体となって標識調査を実施しました。
ツバメ86羽、オオヨシキリ4羽、ホオジロ1羽が捕獲され、トラブルなく標識されて放鳥されました。
成鳥と幼鳥の違い、そして当年産まれの幼鳥で、換羽が進みかけているもの等を解説して頂き、有意義でした。
ここで標識されたツバメの行方の情報がいつか入ることを祈っています。

P8080091ranbu.jpg
上空を乱舞するツバメの大群

P8080060ami.jpg
かすみ網の設置状況

P8080098amitsubame.jpg
かすみ網にかかったツバメ

P8080112ring.jpg
標識リングをつける

P8080107seiyou.jpg
右:幼鳥 左:成鳥  虹彩の色 喉の羽色 嘴の根元の色 等が違う

情報提供 撮影 : 事務局担当 渡辺仁

2004.06.27

府中四谷橋下流ねぐらで標識調査(6月26日)

6月26日、多摩川府中四谷橋下流のツバメ集団ねぐら地でツバメ集団ねぐら観察会兼バンディング見学会がありました。
見学会の主催は多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会で、バンディングの実施者はNPO法人自然環境アカデミー(峯尾雄太氏他)です。

心配していた雨も何とか持ち、アカデミーからの標識調査員3人、見学者20名が参加しました。
ツバメの塒入り数は2000羽弱で、標識のために捕獲できたツバメの数は12羽でした。
内訳は成鳥♂1羽、幼鳥11羽でした。

標識調査員が標識用の足環をつける際、ツバメの元気な姿やぬくもりを真近で実感できました。成鳥と幼鳥の比較や個体による大きさの違いなどを観察できました。
府中野鳥クラブの皆様、峯尾雄太様他自然環境アカデミーの皆様、お世話になりました。有難う御座いました。

(情報提供:八王子・日野カワセミ会 粕谷和夫さん)

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ