2016.08.09

上河原堰上流・ヨシ原は復元できるか?その2(2016年8月7日)

上河原堰についてのモニタリング。以前に報告してから2年ほど時間が経ってしまったが、堰の回収・中州の浚渫後の環境をチェックした。
かつてのような中州は復元されていることはなく広い水面が広がっていて、3シーズン前にはツバメの集団ねぐらの中州があった名残は全くない。
左岸側の護岸されていない自然河岸部(砂利)は、工事後からは植生がかなり復元しているが、植生の構成を見ると、オオブタクサやセイバンモロコシ等の外来種が多く、アレチウリすら侵入している。右岸側には2箇所だけ水際に小さなヨシ群落(10平米ぐらい)があるのがわかったが、他の植物に圧迫されていて、今後の拡大は、期待できなさそう。
このように、自然の遷移にまかせても、ツバメの集団ねぐらのポテンシャルを持つヨシ原は回復しな可能性が高いので、ヨシ原を拡大するためには積極的な介入が必要かもしれない。逆に管理や植栽などでヨシ原を積極的に復元すれば、ツバメの集団ねぐらが戻ってくる事も無理ではないように思える。当連絡会には調布市の団体がいないので、当面の計画はないが、地元の調布市に積極的な市民団体があれば積極的にサポートしたい。
(渡辺仁)

Dsc08087

川崎市側からの眺望。多摩川を横断していた高圧電線がいつの間にか撤去されている


Dsc08106

調布市側の自然河岸部

Dsc08090

わずかに生育するヨシ群落

Dsc08093

外来種などが繁茂している

Dsc08094

アレチウリも侵入している

Dsc08112

電線の撤去された鉄塔


2014.08.06

上河原堰上流・ヨシ原は復元できるか?(8月3日)

二ヶ領上河原堰上流。
中州浚渫前(上)と今の写真(下)の比較。集団ねぐらのあった中州が浚渫されてなくなっています。

2008_2

工事でできた新たな川岸にヨシ原ができないかと見ているのですが、水際はほとんどがオオブタクサです。ちょっと陸側の乾燥したところはセイバンモロコシ。外来種ばかりです。
水際にわずかにまだ背の低い1mほどのヨシが数本。これが群落まで広がってくれると良いのですが、今のままでは厳しそうです。
なんとかここにツバメの集団ねぐらを復活できないでしょうか。

Resizedimg_0068

水際のオオブタクサ

Resizedimg_0070

わずかに成長してきたヨシ

2012.08.28

上河原堰上流(8/26)700羽

最初はツバメはほとんど飛ばず、もう集団ねぐらはないのかと思ってしまいましたが、
日没後にツバメが集まりました。
6000羽程度でした。
ヨシは出穂しているものが多く、傾いた穂に止まっているツバメもいました。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流右岸(川崎市側)
【日時】2012年8月26日(日)18:00~19:00
【天候】晴れ
【日没】18:17
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 700羽
【ねぐら入りした場所】右岸川崎市側の中州(8月5日と同じ場所)
【ねぐら入りした環境】ヨシ
【ねぐら入り時刻】18:40(日没の23分後)

【観察内容】
▼川崎市側川岸から観察
18:00 数羽程度が時々飛翔している。堤防を越えて南に飛ぶものが多い。その後なかなかツバメが増えない。
18:30 いつの間に中州上を飛び始めるツバメが増えてくる。100羽程度。
18:35 多くのツバメがヨシに止まりはじめる、飛んでいるものも多いが、高くは飛んでいない。
18:36 一斉に飛び立ち、水面上を飛翔する。高くは飛翔しない。
18:40 ほとんどのツバメがねぐら入り。主に水際のヨシ原で、飛翔していた数よりは結構多い。

情報提供 渡辺仁


Img_8957


Img_9008


Img_9022


2012.08.05

上河原堰上流(8/5)6,000羽

上河原堰上流(8/5)6,000羽

今回はねぐら入り前の時間から右岸側(川崎市側)から観察しました。
6000羽程度でした。先週はもっと多いだろうと思っていたのですが、実際見てみると
もう少し規模は小さいようです。
堰上流の広い水面上を飛ぶツバメが見事です。
府中のヨシよりは成長が早く、一部徒長して出穂しているものもありました。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流右岸(川崎市側)
【日時】2012年8月5日(日)18:20~19:30
【天候】晴れ
【日没】18:42
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 6,000羽
【ねぐら入りした場所】右岸川崎市側の中州
【ねぐら入りした環境】ヨシ、一部ヤナギも使う
【ねぐら入り時刻】19:09(日没の27分後)
【ねぐら入り時の明るさ】3ルクス
【観察内容】
▼川崎市側川岸から観察
18:20 中州周辺に十数羽程度が飛翔している。
18:40 ツバメが増え始める。200羽程度
18:50 1000羽程度に増える。飛翔するのは水面上や中州上であまり高くは飛ばない。
18:55 3000羽程度に増え、上空高く乱舞する。
18:58 対岸の川崎市側の水面上を上流から流れるようにツバメの大群が飛翔している。
19:00 すでにヨシに止まるツバメも多いが、一斉に飛び出したり止まったりを繰り返す。
19:05 多くのツバメがヨシに止まるが、飛んでいるものも多い。
19:09 ほとんどのツバメがねぐら入り。主に水際のヨシ原。隣接するヤナギにも入っている。


(渡辺仁)

手前に見えている中州の先の方のヨシ原が集団ねぐらになっている。
Img_7145

ねぐらとなるヨシ原拡大。そんなに広くはない。背後のヤナギにもツバメが入る。
Img_7149

中州の上空を舞うツバメ
Img_7243


Img_7263

水面上を飛び回るツバメ
Img_7286

中州のヨシにねぐら入りするツバメ
Img_7348


2012.07.30

上河原堰上流(7/29)5,000羽以上

上河原堰上流(7/29)5,000羽以上

例年、春先に調布市側の中州で集団ねぐらを形成するツバメの集団ねぐらは、
個体数が増えてくる初夏から川崎市側(堰の直上)の中州に移動していました。
しかし今年は川崎市側の中州はすでに浚渫されており消失しています。
今年は動向が気になっていましたが、久々に調査することができました。
調布市側の中州にツバメの集団ねぐら(少なくとも本隊)はありませんでしたが、
そこで川崎市側の上流側に残存した別の中州をライトで調査したところ、
移動した集団ねぐらを発見しました。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)→右岸(川崎市側)
【日時】2012年7月29日(日)18:50~20:00
【天候】晴れ(蒸し暑い)
【日没】18:48
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 5,000羽以上
【ねぐら入りした場所】右岸川崎市側の中州
【ねぐら入りした環境】ヨシ、一部ヤナギも使う
【ねぐら入り時刻】19:11(日没18:48の23分後)
【ねぐら入り時の明るさ】4ルクス
【観察内容】
▼調布市側堤防上から観察
18:50 ツバメ十数羽程度が飛翔
18:58 対岸の川崎市側の水面上を上流から流れるようにツバメの大群が飛翔している。
19:05 調布市側の中州の上を100羽程度が飛翔する。
19:10 調布市側の中州の上を100羽程度が飛翔し、いくつかのツバメは調布市側の南岸のヨシに入ったように見えたが、死角なので見えない。
19:12 飛んでいたツバメが見えなくなりツバメの動きがなくなる。(4ルクス)
その後、ライトで探すが調布市側の中州の見える位置にねぐら入りしたツバメはゼロであった。

その後、車で川崎市側の上流側の残存した中州(上流に約500m)に移動しツバメの集団ねぐらがないかライトで探す。
果たして、多数のツバメがヨシ等にねぐら入りしていた。
すでに眠っているツバメ多数で死角もあり正確なカウントはできず。最低5000羽。おそらくもっと多くのツバメがねぐら入りしていると考えられる。

(渡辺仁)

写真に背景に写っているのは対岸の調布市側の住宅。
Kamigawara20120729

2012.05.08

上河原堰上流(5/6)700羽

上河原堰上流(5/6)700羽

さらに個体数が増えました。
ヤナギはさらに葉が茂りました。一部はヤナギにねぐら入りしましたが、多くが枯れヨシにねぐら入りしました。
ヨシは成長してきましたがまだ小さく、昨年の枯れヨシに多くのツバメが入りました。

また特筆すべき点としてこの中州の高木上ではカラス(おそらくハシボソガラス)が営巣しています。ほぼカラスの巣の真下にツバメはねぐら入りをしてることになります。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)
【日時】2012年5月6日(日)18:20~19:00
【天候】晴れ(1時間前まで大荒れだったが急に晴れ上がり無風になった)
【日没】18:32
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約700羽
【ねぐら入りした場所】左岸調布市側の中州
【ねぐら入りした環境】水面上に張り出したヤナギの枝と枯れたヨシ
【ねぐら入り時刻】18:55(日没23分後)
【ねぐら入り時の明るさ】8ルクス
【観察内容】
18:30 ツバメ数羽程度が飛翔(380ルクス)
18:40 数十羽程度が水面上を飛び始める。
18:45 上空をあまり飛ばず中州のまわりを回るように飛翔する。
18:50 ツバメがヤナギや枯れて倒れたヨシに止まり始める。
18:55 ほぼ全てのツバメがねぐら入りする。(8ルクス)

Resized_img_2855

Resized_img_2884

Resized_img_2901

2012.04.29

上河原堰上流(4/28)500羽

さらに個体数が増えました。
この時期の集団ねぐらは個体数の変動が大きいのではないかと想像していましたが、基本的に右肩上がりということがわかりました。渡り途中のツバメはあまり含まれないということではないかと想像します。
ねぐらに使われるヤナギの枝も葉っぱが大分展開してきました。
個体数が増えてきたので1本だけでなく3本のヤナギにねぐら入りしました。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)
【日時】2012年4月28日(火)18:20~19:00
【天候】曇
【日没】18:25
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約500羽
【ねぐら入りした場所】左岸調布市側の中州
【ねぐら入りした環境】水面上に張り出したヤナギの枝(3本)
【ねぐら入り時刻】18:44(日没19分後)
【ねぐら入り時の明るさ】6ルクス
【観察内容】
18:25 ツバメ200羽ほどが中州の上空を行ったり来たり
18:30 一部はヤナギの枝に止まり始める。
18:40 落ち着かず水面上を行ったり来たりしながら除除にねぐら入りするツバメが増えてくる。
18:45 ほぼ全てのツバメがねぐら入りする。近接した3本のヤナギに止まる。数羽は倒れたヨシの茎に止まる。

Resized_img_2602

Resized_img_2603

Resized_img_2614

2012.04.17

上河原堰上流(4/17)250羽

上河原堰上流(4/17)250羽

4月8日とほぼ同じ場所にねぐら入りしました。
大分個体数が増えました。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)
【日時】2012年4月17日(火)18:00~19:00
【天候】曇
【日没】18:16
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 約250羽
【ねぐら入りした場所】左岸調布市側の中州
【ねぐら入りした環境】水面上に張り出したヤナギの枝
【ねぐら入り時刻】18:37(日没21分後)
【ねぐら入り時の明るさ】未測定
【観察内容】
18:05 ツバメ10羽ほどが上空を飛ぶ
18:10 ツバメ20羽ほどが上空を飛ぶ
18:15 ツバメ50羽ほどが堰下流方向の上空から堰湛水域の上空を行ったり来たり
18:25 150羽に増える。上空を飛翔する
18:30 200羽以上が上空を飛翔する。
18:33 高度を下げ水面上を飛ぶようになる。
18:37 中州のヤナギの枝にねぐら入り
4月8日とほぼ同じ場所。べてのツバメは成鳥。

Resized_img_2249

Resized_roost

2012.04.08

上河原堰上流(4/8)70羽

上河原堰上流(4/8)70羽

昨日に引き続き調査を実施しました。
昨日ねぐら入りした場所より10mほど下流の同じような環境にねぐら入りしました。
少し個体数が増えたようです。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)
【日時】2012年4月8日(土)18:10~19:00
【天候】晴
【日没】18:08
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 70羽
【ねぐら入りした場所】左岸調布市側の中州
【ねぐら入りした環境】水面上に張り出したヤナギの枝
【ねぐら入り時刻】18:30(日没22分後)
【ねぐら入り時の明るさ】6ルクス
【観察内容】
18:10 ツバメの50羽ほどの群れが水面上低く、飛び回っている。堰の湛水範囲を上流から下流へ往復するように群れで飛び回っている。
ツバメは高く飛ぶことなく低く飛び回ってそのまま、中州の調布市側に張り出したヤナギの枝にねぐら入りする。昨日と同じ場所と、10mほど下流の同じような環境に分かれてねぐら入りしたが、やがて下流側に集約した。
ライトスコープで確認するとねぐら入り数は約70羽。すべてのツバメは成鳥。


Resize_kamigawara20120408


2012.04.07

上河原堰上流(4/7)55羽(今年初確認)

上河原堰上流(4/7)55羽

春先の集団ねぐらを探すのは難しいのですが、早い時期にねぐらを確認しました。
昨年も同じ場所で4月下旬に確認しましたが、今年は形成される時期をほぼ特定できました。
4月1日には確認できなかったので、おそらく2~6日の間に初めて形成されたのではないかと思います。
本年初認です。

川面を渡る風はすこぶる寒く、シャッターを押す指がかじかみ、手袋を忘れたことを強く後悔しました。
なお、ねぐらの観察されたこの中州は、上河原堰改修工事に伴い、下流側が若干浚渫され小さくなっており、2012年度中に全て浚渫されてしまいます。
川崎市側の中州(夏にねぐらの規模が大きくなると使われていた)は2011年度中にすでに浚渫されてなくなっています。

【観察場所】二ヶ領上河原堰上流左岸(調布市側)
【日時】2012年4月7日(土)18:10~19:00
【天候】晴
【日没】18:07
【観察者】渡辺仁
【ねぐら入りした個体数】 55羽
【ねぐら入りした場所】左岸調布市側の中州
【ねぐら入りした環境】水面上に張り出したヤナギの枝
【ねぐら入り時刻】18:26(日没19分後)
【観察内容】
18:10 すでにツバメの50羽ほどの群れが水面上低く、飛び回っている。割に狭い範囲を上流から下流へ往復するように群れで飛び回っている。
ツバメは高く飛ぶことなく低く飛び回ってそのまま、中州の調布市側に張り出したヤナギの枝にねぐら入りする。
ライトスコープで確認するとねぐら入り数は55羽。すべてのツバメは成鳥。
気温が低く6℃。

なお、3月24日、31日および4月1日も同じ場所・状況で調査を行ったが集団ねぐらは確認できなかった。

水面上を飛翔するツバメの群れ
Img_1793


水面上に張り出したヤナギの枝の上にねぐら入りしたツバメ
Img_1857

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

tweet

  • 管理人のツイート
無料ブログはココログ